うっかりブロックしないように、ショートカットキーにご用心!! ブラウザでTwitterを閲覧している人へ注意喚起

「B」と「スペース」でブロック!
インターネット SNS ブロック キーボード
1

 普段からよくTwitterを利用している方ならご存じだろうが、Twitterの仕様では相互フォローのアカウントをブロックすると、向こうからのフォローも解消されてしまう。そのブロックが簡単な操作で行われてしまうという問題をまとめたツイートをご覧いただきたい。

 特筆すべきは「相手のツイートを表示した状態で、キーボードの“B”と“スペース”を同時押しすると、警告や確認なしでいきなりブロックされてしまう」という事項であろう。

 また同様に“F”と“スペース”を同時に押すと、使用者に確認なくふぁぼが付いてしまうという。

 筆者が実際にブラウザで試したところ、両方のキーを同時に押した場合に「ブロック」というダイアログが出て、キャンセルボタンでブロックを防げる時もあるが、押すタイミングによっては実際にそのままブロックまでされてしまう時もあり、確かに注意が必要だと思われる。

 そのほか「相手のツイートを表示したまま“U”キーを単独で押しただけでミュートしてしまう」「“T”と“スペース”を同時に押すとリツイートしてしまう」という、ブロックよりはダメージが少ないものの、気づかずにやってしまうと後々取り消し作業が必要な仕様も見つかったようだ。

 投稿者の言う通り、ブロックによって外れたフォロー関係を復活させるためには、相手の操作が必要になる。大切な人間関係にヒビを入れないためにも、これらのショートカットにはぜひご注意を!!

あわせて読みたい

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?