0

 「有平糖(ありへいとう)」というお菓子をご存じだろうか? 少し聞きなれない名前だが、砂糖でできた飴の一種であり、金平糖と共に日本に輸入された南蛮菓子である。

 茶道の菓子として使われることが多く、細工を凝らしたものが多い。そんな「有平糖」の中でも、この季節にぴったりな美しい一品をご覧いただきたい。

 こちらは桜とその若葉を表現した「桜の有平糖」。京都市内の北大路駅のそばにある「紫野源水」にて販売されている。黒いお皿に透けた花びらが映えて、まるで夜桜見物をしているような気分に。

  ほかの投稿にも見られる通り、美しさは折り紙付きのこの飴細工。お近くをお通りの際はぜひ店舗をのぞいてみては?

コメント