0

 卒業シーズン真っただ中だが、現在、Twitterではこんなツイートが話題になっている。

 投稿者が医学部を卒業した際、日本医師会から渡された記念品の中には「自殺予防マニュアル」という書籍が入っていたという。

 この投稿を見た人からは「確かに医療従事者は過酷な労働環境なので、それを防ぐためのものでは」という感想が出たが…。

 こちらの自殺予防マニュアルは、実は医師本人ではなく、患者を自殺させないために配布されるものだという。

 投稿者はさらに「一般的に医師の労働環境は過酷であるというマイナスイメージが浸透していることと、そのイメージの原因が多々あると考えられることが興味深い」と追記している。

 まったく両極端の見解が見られたこちらの投稿であるが、あなたはどちらに受け止めただろうか?

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?