0

 神奈川県の横浜にあるという建設現場が、まるで重力を無視しているかのようだと話題になっている。

 上部が大きく、アンバランスに見える建設途中の橋脚だ。足場を組んでいるため見にくいが、1本の柱の上に四角い枠が乗ったような形になっている。

 「ラケット型橋脚」と呼ばれるもので、中央に空いている穴と橋脚の上に1つずつ、道路を通すことができるのだそう。あまり意識してことがなかったが、実は首都高速道路などでも採用されているタイプのようだ。

 それにしてもこんな形で倒れないのが、不思議である…。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?