0

 あまりにクオリティが高すぎて、置いたものが巨大に見えてしまうジオラマが話題になっている。

 一見、本物の工場にしか見えない背景だが、驚くことにこの工場はすべて模型。

 作者は情景造形師であるMASATOさん。彼は本物の「Gーアルケイン」と勘違いされてしまったことを受け、工場のジオラマにタミヤカラーのボトルを置いて比較しているが、それでもボトルの方が巨大に見えてしまう…。

 MASATOさんの作品は、以前にも「浜松駅にガンダムか!?」というツイートでも話題になった。こちらもガンダムが実物大なのではなく、浜松町駅のほうが1/150の模型だという。

  ご本人のブログにはほかにも、作品の写真やワークショップの情報などが紹介されている。すっかり魅せられてしまった方はぜひ訪れてみては?

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?