1

 インターネットを使い始めた時期によって、ネットリテラシーの習得度合いが異なる、というツイートが話題になっている。

 ダイヤルアップ接続が全盛期だった1996年前後にインターネットを始めた人を第一世代。90年代後半から00年代前半にかけて使用され始めたADSL、CATVの回線でインターネットを始めた人を第二世代。00年代後半から普及したスマートフォンでインターネットを利用し始めた人を第三世代と分けている。

 第三世代以前の人は、Twitterやmixi、FacebookなどのSNSで個人情報が漏れている可能性を考えると不安になることがあるそう。

 なかには、第三世代の人のネットに対する感覚は、第二世代以前の人には分からないという声も。インターネットに対する感覚は世代によってまったく違うようだ。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?