3

 もうすぐバレンタインデー。友人や恋人、家族にどのようなチョコレートを渡そうか悩んでいる人もいるのではないか?

 現在、Twitter上では「三角縁神獣鏡チョコ」なるものが話題になっている。

 三角縁神獣鏡とは古墳時代前期の古墳の副葬物。青銅鏡の一種で、縁部の断面形状が三角形状となっているもの。一部からは「卑弥呼の鏡」とも呼ばれている。

 福井県にある福井市立郷土歴史博物館が、それを模したチョコレートを作るワークショップを昨年に続き開催した。

 同館の公式アカウントや参加者から手作りの三角縁神獣鏡チョコが投稿されている。どれも細かなところまで再現されており、かなりの力作ぞろいだ。

 同館に電話で問い合わせたところ、「回数を重ねるごとに応募者も増えているので、来年も開催予定。公式サイトやTwitterで告知するので、そちらをチェックしていただければ」とのこと。

 きっかけに気になった人は次回、参加されてみてはどうだろう。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?