2015年2月2日

「葉っぱは有毒です…」ヒイラギの葉をアクセントにした「節分パン」のインパクトが半端ない!

食べるもよし、撒くもよし。
1

 明日2月3日は節分。それに先駆けて販売された「節分パン」が斬新すぎるアイデアであふれているようだ。

 節分にちなみ、大豆がそのままサンドされたパンには魔除け効果のあるヒイラギが一枚乗っている。

 限定品であるのにも関わらず、昨年は売るのにとても苦労したとのこと。

 ここでヒイラギについて調べたところ、なんと毒性があることがわかったようだ。

 「毒」「葉っぱは有毒」「おなかが痛くなるくらいの毒」などの注意書きがネックになったのだろうか、あまり売れ行きは良くない様子だったが、午後15時過ぎには無事に完売したよう。

 実はこちらのパン屋「翠玉堂」は、以前にも七草粥パンやおせちパンという季節感あふれるパンを販売し、話題をさらっていた。

 埼玉県の行田市にある同店。もし近くに立ち寄ることがあれば、店頭をのぞいてみるとおもしろいパンに出会えるかもしれない。