2015年1月29日

「突然会長が売り場に現れる」…沖縄物産店にある泡盛のPOPが謎のワードだらけ!

味が気になる…。
0

 本来、商品のセールスポイントをアピールするために作られる宣伝用POP。現在Twitterでは、斬新なPOPの写真が反響を呼んでいる。

 「試飲は無い」「宴会酒」というジョークのようなPOPから始まり、「古酒オタク用」「淡麗って言われてもさっぱり分からない」とだんだんと雲行きが怪しいフレーズに。

 そして、極めつけには「電話すると子供が出たりする家庭的泡盛メーカー」「会長が突然売り場に現れる」という、もはや酒の説明をまったくしていないキャッチコピーが堂々と貼られている。

 このようなPOPがあるのは、銀座にある「わしたショップ」という沖縄物産を置くアンテナショップのようだ。

 泡盛のほかにも、ブルーシールアイスクリームやちんすこうなど沖縄ならではの商品が並び、いつも大人気のこちらのお店。銀座に立ち寄る機会があったら、ぜひ一度訪れてみて欲しい。