0

 

001

こんにちは、セブ山です。

ちょっと、みなさんにお聞きしたいのですが、Twitterってねこに関するネタがめちゃくちゃリツイートされてこないですか?

食パン型時計の時間がいつもズレている→犯人はあいつだった…!

談合坂サービスエリアの女子トイレが激混み!? ねこちゃんが休憩中でした

テレビに映る棒を必死に捕まえようとする”萌え萌え”な子ねこの後ろ姿がかわいい!

今週だけでも、上記のようなねこネタが話題になっていました。

 

002

実際、2015年1月28日現在、トゥギャッチには「ねこ」というタグがついた記事が、144本もあります。

そして、「動物」というタグがついた記事は158本。

つまり、動物ネタ158本のうち、実に144本はねこにまつわる記事だということです。

ほとんどねこネタですね。

 

003

ちなみに、「犬」というタグがついた記事は、34本しかありません。

ねこと同じくらい我々に身近な存在であるはずなのに、大きな差がありますね。

このことからも、いかにTwitterとねこの相性がいいのか、お分かりいただけると思います。

 

004

そこで今回は、僕が唱える「Twitterとねこは相性がいい」という仮説が正しいことを証明するために、実際に自分のTwitterアカウント(@sebuyama)で猫にまつわる投稿をして、その反応を調べたいと思います。

ただ、僕はねこを飼っていないので、今回用意できませんでした。

なので、自分自身がねこになってみることにしたニャー。

 

005

それでは、さっそく調べてみるニャン!

すでにTwitterでウケていたねこネタを参考にさせてもらったニャ!

元ネタのツイートとあわせて、実際に投稿したツイートをどうぞ!

 

仕事の邪魔をする猫

 

 

ねこ転送装置

 

 

ねこの反省

 

 

エサが消えたねこ

 

 

トイレに佇む猫

 

 

人間のようにこたつに入るねこ

 

 

006

 

ペンをチュパチュパするねこ

 

 

007

 

008

ジュポ、ジュポ、ジュポ、ジュポ…

 

検証結果

 

009

以上が、実際に投稿したすべてのねこツイートだニャン。

それでは、そのツイートに対して、どれだけ反応があったか結果を見てみるニャ!

 

010

あれ?

 

011

どういうことニャァァァァァァーーーーーーーーーーーーー!!!!

セブねこのツイートだけ全然、リツイートされてないニャァァァァァァーーーーーーーーーーーーー!!!!

フギャァァァァァァァァァァァァァァァーーーーー!!!!(威嚇)

ねこネタはなんでもウケるんじゃニャいのかァァァァァァァァァァァァーーーーー!?!?

シャァーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!(盛りのついたメス猫のように威嚇)

 

012

かわいいねこの画像はウケるけど、キモいおじさんの画像はウケないことが判明しました。

Twitterって全然チョロくないんですね…。

すみませんでした。

書いた人
セブ山

インターネット文化人類学者。人々がインターネットで織り成す「文化」について研究している。著書に『インターネット文化人類学』がある。TwitterIDは@sebuyama

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?