2

 昭和の文豪・太宰治は作品もさることながら、その特徴的な髪型も印象的である。しかしその髪型が時を経て、こんな加工をされることを誰が想像しただろうか。

 オールバック風の髪型が、なぜかこんな間違った切り取られ方をされている。

 まるで持ち手のようになってしまった頭部に、衝撃を隠せないTwitterユーザー。

 だが作品自体は非常に良い本だと、投稿者は太鼓判を押している。「若いうちに読みたい太宰治」と題されたこの本。書店で見かけたらぜひ手に取ってみては?

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?