トイレに閉じ込められる→正拳突きで脱出→「シャイニング」のできあがりです!

Here's Johnny!
映画 シャイニング スタンリー・キューブリック トイレ
1

 スティーヴン・キング原作でスタンリー・キューブリック作の映画「シャイニング」。ジャック・ニコルソン演じるジャック・トランスがトイレのドアを斧で破壊するシーンが有名だが、それを再現したドアがTwitter上で話題になっている。

 なんでもこの投稿者、ドアノブが壊れてしまい、トイレに閉じ込められてしまったようが正拳突きでドアを破り、脱出したそう。その破損部分にジャック・ニコルソンの顔をはめれば…なんということでしょう! 名シーンのできあがりです!

 当然だが、分からない人には通じなく、10歳の娘にはどういうわけかマンガ「浦安鉄筋家族」に見えたそう。

 「慌てず騒がず、突きでも蹴りをかます」ですね! 分かりました!

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?