2014年12月8日

中野区がアフリカに似ているらしいので、世界一治安の悪い都市に行く

日本のピラミッドはどこ?
0

世の中には「そっくりさん」というジャンルがある。それは人だけでなく、ブランド物バッグに似ているノーブランドのバッグなども、そっくりさんといえる。そして、それは地理にも存在する。

日本の中野区とアフリカが似ているらしい。たしかに高熱が出ている時や、徹夜明けに見ると似ている気がする。

アフリカといえば、雨が少なく、年中暑いイメージがある。そんなアフリカと中野区は形が似ているのだ。ということで、日本のアフリカ、中野区に行ってみたいと思う。

 

001

アフリカに来たら雨が降っていた。あと寒い。とりあえずアフリカといえばピラミッドということで、そこを目指したいと思う。

 

002

アフリカは治安がよろしくないイメージがある。犯罪等が多い気がする。危ない人が多いのだ。ただここは中野区なので、その心配はないだろう。

 

003

地図を見比べ、ピラミッドがある場所にやってきた。アフリカのピラミッドの場所は小学校となっていた。

ちょうど下校の時間帯で、カメラを持って小学校を撮影している私。危ない人は私になっていた。日本では事案となるやつだ。

 

004

通報される前に足早にピラミッドを去り、次は「サハラ砂漠」を目指す。中野区のサハラ砂漠はどのような感じなのだろうか。地図を照らし合わせ、その場所を訪れた。

 

005

先ほども述べた通りアフリカは治安が悪いと思っていたが、サハラ砂漠にやって来たら「平和の森公園」である。危ない人は私だけなのだ

 

006

サハラ砂漠で雨。きっと民は喜んでいるだろう。恵みの雨だ。こっちは寒いし、カメラは濡れるしで大変だが、アフリカの人たちの気持ちになればこれは恵みの雨だ。

 

007

ライオンやラクダはいないが、タヌキやハクビシンはいるらしい。

最後は、世界一治安が悪い都市ともいわれる「ヨハネスブルグ」を目指すことにした。

ヨハネスブルグといえば、ハイエナをペットとして飼う場所だ。ドーベルマンどころではない。分かりやすく危険だ。そんなヨハネスブルグは中野区では「中野新橋」辺りとなる。

 

008

念のため、財布を盗まれないように大切に握る。ここはヨハネスブルグなのだ。中野区とアフリカの形が似ているばかりに、治安が悪いとされた中野新橋がかわいそうでならないが、私も身の安全が第一。仕方がないのだ。

 

009

ただ中野のヨハネスブルグはとても治安がよかった。銀行のATMではキチンと列ができていた。当たり前と言えば当たり前。アフリカと似ているだけで、ここは中野区だ。

 

010

不動産屋さんの名前が「なかよし」だった。ヨハネスブルグならば「ふなか」とか「さつばつ」とかでないと困る。

 

011

せめてもと思い、ハイエナの散歩を期待したけれど、普通の犬が散歩していた。とてもしつけの行き届いた小さな犬だ。せめて大型犬なら…。

しかし、ここで事件は起こる。

 

012

小学生が歩いていた。一人の少女が先に自転車を漕ぎ始め、残る友人たちに「おさきんたま」と言い放ったのだ。「お先に」と「きんたま」を組み合わせたあいさつ「おさきんたま」。

彼女の未来が危険だ。きっと中学くらいであの頃を思い出し、夜中、ベットの上で「あー」と頭を抱えるはずだ。危険なあいさつ、それが日本のヨハネスブルグで交わされていた。

 

013