0

 12月2日、Twitterのブロック機能についての仕様変更が発表された。その内容を分かりやすくまとめたツイートが話題になっている。

 今回の仕様変更の中でも特筆すべきは、「嫌がらせを受けている本人からだけでなく、第三者からも報告できるよう変更」と「ブロックされた相手のプロフィールが閲覧不可になる」ように設定された点。

 個人間のやりとりも醍醐味のTwitterではあるが、なるべく不快な思いは避けたいというユーザーの声が反映された形になるようだ。

 なお、Twitterの安全な利用のためにさらなる機能も搭載される予定のようなので、今後の動向にも注目が集まる。

コメント

えびとろあなご蒸し@ロボガZポセス鯖 @ebitoro 2014年12月4日
 アフェリエイトアカウントによる他人のアカウントによる無断リツイートも規制強化してください。