1

 そのテーマ性の広さから、定義が大変難しいとされる現代美術。広島県にある広島市現代美術館では驚きの作品が展示され、Twitter上で話題になっている。

 この作品は、同館にて行われた「ゲンビどこでも企画公募2014」の入選作で、作者は現代美術作家の関川航平さん。展示期間中に作者が、実際に風邪をひいてから治すまでを1つのパフォーマンスとして行うそうだ。

 一風変わった展示内容に驚きの声が多数上がっているが、一般人には考えもつかないようなテーマを表現するのが現代美術の神髄なのかもしれない。

 同展は、11月24日までの開催。気になる方はぜひ足を運んでみては?

コメント