0

 悪天候などで電車のダイヤに遅れが出たときに発行される遅延証明。しかし、急いでいる時でも配布される列に並ばなくてはいけないため、イライラした人も多いのではないか? そんな問題を打破する新サービスが話題になっている。

 上記ツイートの投稿者によると、町田駅にて、IC専用改札機の遅延証明書発行試験が行われているらしい。

 ICカードのタッチで出てくるのではなく、バスの整理券のように、取ったら新しいものが出てくる仕組みだそうだ。

 まだ試験運用の段階ではあるが、本格的に運用されたら非常に便利なこのサービス。導入を期待したいところだ。

 

訂正のお詫び本文で、一部記載ミスがありました。本文中には、「試験運用」と記載しておりますが、すでに成城学園前駅、登戸駅、読売ランド前駅、向ヶ丘遊園駅、小田急永山駅、小田急多摩センター駅、片瀬江ノ島駅、町田駅の8駅で導入されています。詳しくは小田急の公式ページをご確認ください。(2014.10.07.17:00)

 

コメント

ぬいぐるみにされた犬bot @M_T_Asagi 2014年10月10日
キター!!! どんどん広まれ~