2014年10月3日

企業が社員に有給を義務付ける新制度は、労働者の救世主になるのか?

あなたの会社はどうですか?
1

 有給とは、「取得条件を満たした労働者に対して与えられる、賃金が減額されない休暇」のことである。

 しかし読者のみなさんのなかにも、有給をすべて使い切れている方は少ないのではないだろうか。

 そんな人たちに救世主とも言える新制度が誕生するとのニュースが話題になっている。

 こちらは本日の日経新聞の一面の記事を撮影したツイート。同記事によれば、厚生省は現行の「社員から有給取得を申し出る」制度では、職場への遠慮から休みにくいという実態をふまえ、新しく「企業が社員に有給を取らせることを義務付ける」制度を作り、早ければ2016年春からの施行を目指すとのこと。

 これにより、有給を取りやすくして生産性を高めるのが狙いだが、Twitter上では下記のような声が挙がっている。

 さて、あなたはこの制度、どう思っただろうか?