1

 夏休み真っ盛り! 海や水族館へ遊びに行こうと計画している人も多いのでは?

 そんな人にオススメのゲームが、Twitter上で話題になっている。

 文部科学省が提供する子ども向け学習Webコンテンツ「キッズワンダープロジェクト」。上記は、その1つである「深海ワンダー」のゲーム画面である。

 

無題2_R

 潜水艦「しんかいワンダー号」に乗り込み、さまざまな深海生物を調べるというストーリー。

 サポート役の人工頭脳「ジュール」の案内で、深海生物を撮影して「探検報告書」を作るのだ。

 

無題6_R

 ソナーを頼りに深海生物を発見していく。制限時間内に、より多くの生物を見つけよう。

 ちなみに、撮影した深海生物の名前を「ジュール」が教えてくれるのだが、この声が非常におだやかで癒される…。

 

無題7_R

 写真はクオリティによってA~Cランクで評価される。しっかり近づいて撮影するのがポイントのようだ。

 

無題10_R

 3つのステージをクリアすると、オリジナルの深海生物がデザインできる。

 

無題11_R

 深海はまだまだ未知のことだらけ。もしかしたら、こんな生物がいるかもしれないのだ。

 

無題13_R

 デザインした生物を深海に放つ。ほかのユーザーが作った深海生物も漂っており、力作がたくさん見られるぞ。

 

無題14_R

 浮上すると、深海報告書が手に入る。ブラウザのデータを消去しなければ、どんどん報告書をアップデートしていくことが可能だ。

 「深海ワンダー」は部屋を暗くしてプレイすると、より臨場感が出ていいかもしれない。

 このほかにも「キッズワンダープロジェクト」には、「南極ワンダー」「宇宙ワンダー」もラインナップされている。大人でも楽しめる内容なので、「ワンダーな世界」を体験してみよう。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?