0

 3月1日に開幕したJリーグ。キングカズこと三浦知良やラモス瑠偉などが、かつて所属したことで知られる東京ヴェルディが深刻な事態になっている。

 現在は2部リーグのJ2のクラブであり、「#緑パートナー募集」というハッシュタグでユニフォームの胸部分のスポンサーを募集しているのだ。

 「皆さんに大切なご協力のお願い」と題し、悲痛なツイートが投稿されている。

 Jリーグでは昨年より「クラブライセンス制度」を実施しており、経営状態が悪いクラブはJリーグから下部リーグへ降格する可能性がある。

 サポーターからも胸スポンサー募集を知らせるツイートが投稿されている。

 日本サッカーを代表する名門クラブなだけに、スポンサーが現れるのを願うばかりだ。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?