5

 ソチ五輪フィギュアスケートは13日(日本時間14日未明)、男子ショートプログラム(SP)が行われた。

 そこで日本の羽生結弦選手が101.45点をマークし、演技を終えた中ではダントツのトップに立った。これはSPでの歴代最高得点で、100点を超えたのは史上初めて。

 観戦していたTwitterユーザーからも「すごい」「さすが日本のエース」といった声が挙がっている。

 そんななか、得点発表時の羽生選手の横にいた女性が話題になっているのだ。

 驚いた顔が印象的だったのか、コラ画像まで作られる事態に…。

 SPの上位24人が14日のフリー演技に進出する。また、女性を驚かせるような高得点を期待したい。

コメント