1

 Twitterのブロック機能と言えば、相手をブロックしたら、その人からは自分のツイートは一切見ることができなくなる、というものだった。

 しかし、12月13日、Twitterのブロック機能について仕様変更が発表された。

 それは、自分のタイムラインに相手の発言が表示されないだけで、ブロック相手にはこちらの活動が丸見えになるというものだ。

 この仕様変更に対し、多くの疑問の声がTwitter上に寄せられた。

 なかには新仕様に対し、こんなブラックジョークまで……。

 仕様変更を快く思わないユーザーからTwitter社への批判が殺到。わずか4時間ほどで、撤回となった。

 ちなみに、今回の仕様変更の主な理由は、ブロックされたことを知ったユーザーが、ブロックした相手に対して仕返しすることを減らすため、とのこと。

 Twitter社は、今後も仕返しが発生しないための機能を検討していくという。今後の展開に注目したい。

コメント

えびとろあなご蒸し@ロボガZポセス鯖 @ebitoro 2014年5月15日
 こういうのは対応早いけどもっと対応して欲しい事には耳をふさぐやり方は問題ありでは? 特にネットブックユーザー置き去りの画面構成とか…