Twitterで話題の「母子家庭と内縁の夫丼」を作ってみました!

家族にはいろんな形があるんです。
セブ山 家族 グルメ 親子丼 レシピ
4

こんにちは、セブ山です。

先日、僕のタイムラインにこんなツイートが流れてきました。

職場の同僚が、親子丼に豚肉を入れると話したところ「母子家庭と内縁の夫丼」というネーミングをつけられてしまった、というおもしろいツイート。

秀逸なネーミングセンスに、僕も思わず笑ってしまいました。

でも、ちょっと待ってください。

 

本当に親子丼に豚肉を入れるとおいしいのでしょうか?

 

気になったので実際に作ってみることにしました!

 

tg_20131108_17_01

まずは、一般的な親子丼のレシピに沿って作ります。

鶏肉は一口大に切り、玉ねぎは繊維に沿って薄切りに。

 

tg_20131108_17_02

醤油やみりん、ほんだしで味付けした丼つゆに、先ほどの具材を入れてひと煮立ちさせます。

 

tg_20131108_17_03

鶏肉に火が通ったら、内縁の夫(豚肉)を入れましょう。

 

tg_20131108_17_04

すべての具材に火が通ったら、卵でとじて完成です。

 

tg_20131108_17_05

アツアツのごはんの上にのせて、ミツバを添えれば、「母子家庭と内縁の夫丼」の出来上がり!

さっそく食べてみましょう!

 

tg_20131108_17_06

セブ山「いただきま~~す!」(パクッ)

 

tg_20131108_17_07

セブ山「うひゃ! これはうまい! たしかにツイートの通り、コクが出ておいしいぞ! 鶏肉と豚肉の2つの味が楽しめて、なんだか得した気分だ!」

 

【結論】

「母子家庭と内縁の夫丼」は本当においしかった!

 

tg_20131108_17_08

タカシ「ねぇねぇ、セブ山のおじさん! 何、食べてるの?」

セブ山「お、タカシくん! これかい? これは親子丼に豚肉をいれたものだよ!」

タカシ「え~? おいしいの~?」

セブ山「おいしいよ! 食べてみるかい?」

タカシ「え、いいの? わ~い! やった~!」

 

tg_20131108_17_09

セブ山「はい、あ~んして」

タカシ「あ~ん」(パクッ)

セブ山「どうだい? おいしいかい?」

 

tg_20131108_17_10

タカシ「わあ、本当だ! おいしい!」

セブ山「それは、よかった! もっと食べるかい?」

タカシ「うん、ありがとう、おとうさん…

セブ山「えっ…」

 

tg_20131108_17_11

(ギュッ…)

家族にはいろんな形があります。

今夜の晩ごはんは、あなたもお子さんと一緒に「母子家庭と内縁の夫丼」を食べてみてはいかがでしょうか?

書いた人
セブ山

インターネット文化人類学者。人々がインターネットで織り成す「文化」について研究している。著書に『インターネット文化人類学』がある。TwitterIDは@sebuyama

コメント

とらたん @_nekotora_ 2013年11月9日
これって「他人丼」という名が既についていたはず…
神木村で天寿を全うしたい三珠 @nigiam 2013年11月9日
他人丼は鶏肉以外の肉を使った丼ですね
技北 皆(わざきた かい) @Kai_Wazakita 2013年11月9日
豚肉はヤクザで、卵が虐待されるということか
狐謡 @Towa_towa_to 2013年11月17日
しかし、豚肉は鶏肉の内縁の夫になり得るか?w