1

 上のツイートが、Twitter上で話題になっている。

 前立腺検査の練習に使う装置が作り込まれているせいで、余計なことを考えてしまうというもの。

 手を入れるお尻の部分だけでなく、ディスプレイには苦しげなポーズの患者の様子までリアルに再現されている。

 このツイートにさまざまな反応が集まった。

 自分もこうなるかと思うと、前立腺の検査が怖くて仕方ない人。

 一人で盛り上がってしまい、親の視線が痛いという人。

 この完成度で仕上げる作り手に感心してしまう人も。

 医療の進歩の裏側にこのような装置がたくさんあるのかも、とつい気になってしまうところだ。

コメント

🍊🍋 @udesun 2013年11月12日
練習用があるということはつまり…?
もけ @NGTmoke 2013年11月13日
と言うことは、他の部位も「練習用」が存在するのか…。