8

こんにちは、セブ山です。

先日、僕のタイムラインにこんなツイートが流れてきました。

]

舟和といえば、明治35年創業の老舗和菓子店。

中でも、「芋ようかん」が有名で、贈り物としても喜ばれる人気の逸品です。

そんな舟和の芋ようかんをバターをひいたフライパンで焼くと、めちゃくちゃおいしくなるというこちらのツイート。

はたして、本当なのでしょうか?

もしかしたら、これは舟和のステマなのかもしれません。

 

tg_20131001_17_01

「ステマ反対」というタトゥーを入れるくらいステマが大嫌いな僕は、さっそく試してみることにしました。

 

tg_20131001_17_02

まずは、手順どおりフライパンにバターをひきます。

 

tg_20131001_17_03

バターがいい感じに溶けたら、芋ようかんを投入。

舟和の芋ようかんは、「ようかん」と言っても、一般的な寒天で固めものではなく、芋を固めてようかんっぽく作られた、いわゆる「ようかんもどき」であります。

これは、芋問屋を営んでいた創業者の小林和助氏が、和菓子職人だった石川定吉氏と共に、当時は高価だった煉ようかんの代わりとなるものを、身近に手に入るさつま芋を使って、なんとか作れないだろうかと考えられて、誕生したものだからです。

人に歴史あり。ようかんにも歴史ありですね。

 

tg_20131001_17_04

セブ山「だからと言ってステマだけは絶対に許さないからな! 俺は本音しか言わないからな! 覚悟しておけよ!」

 

tg_20131001_17_05

そんなことを言っているうちに、表面がこんがりキツネ色になってきました。

そろそろ食べごろでしょうか?

火を止めてさっそく食べてみます。

 

tg_20131001_17_06

セブ山「どれどれ、ほんじゃまあ、いただきま~す!」(パクッ)

 

tg_20131001_17_07

セブ山「おほっ! ツイートの通り、外はカリカリで中はしっとり! たしかに、温めたから甘みが増している気がするぞ! これはもう、芋ようかんって言うよりも、スイートポテトだ! ただのスイートポテトじゃないよ! めちゃくちゃおいしいスイートポテトだよ!」

 

 

tg_20131001_17_08

【結論】
芋ようかんをバターで焼いたらめちゃくちゃおいしいスイートポテトになった!

 

 

tg_20131001_17_09

というわけで、舟和の芋ようかんをバターで焼くとスイートポテトみたいになってめちゃくちゃおいしいことがわかりました!

ステマが大嫌いなセブちゃんも思わずにっこりほほ笑む納得のおいしさでした!

ステマだと疑って、ごめんなさい!

 

tg_20131001_17_10

ちなみに、「ステマ反対」と右腕にタトゥーが入っている僕の左腕には「あやや命」というタトゥーも入っています。

あややとは、タレントの松浦亜弥さんのこと。

タトゥーは一時の感情で入れると、その後、後悔する可能性があります。

くれぐれもお気をつけください。

 


【今回のまとめ】
タトゥーを入れるなら、よく考えてからにしよう!

 


僕が若者に言えるのは以上です。

コメント

狐謡 @Towa_towa_to 2013年10月13日
和風の、中に芋餡が入ったスイートポテトを最近食ったから、スイートポテトだろうなあと思ってたら、やっぱりスイートポテトだった。
杉山 兆 @Kiz_Sugiyama 2013年10月13日
何だか、マジックで書いたようなタtゥーですな
宗田英李【充電中】 @soutaeiri 2013年10月13日
旨いけど巨大化はできないんだろなぁ(○ーレンジャーネタ)
NATSUKI(ビッグズボラしたい毎日) @Natsukifamima 2013年10月21日
これはおいしそう!!やってみよう、芋羊羹どこで売ってるかな・・・w
♡まゆち♡ @mayuchidayon 2013年10月21日
舟和の芋ようかん大好き♡ 買った時にでも作ってみようかなぁ‼
16TONS@最近ゲームやってねえ @moonintears16t 2013年10月24日
普通のスイートポテトよりしっとりしてそう うまそう
咲良(。-_-。) @sakura_maihama 2013年11月8日
作ってみようかな^^♪
∠ももちゃん🍼🧸 @6momoka 2013年11月8日
いもようかんはそのままで十分おいしいけどこれはおいしそうだ
@takenger 2013年11月8日
セブちゃん、意外と筋肉あるのね///