2013年9月13日

同性を膝に乗せて写真を撮るブームが存在した…?

今では信じられないほど仲良しだったのかも
14

 上のツイートがTwitter上で話題になっている。

 19世紀後半から20世紀初頭にかけて欧米で、同性を膝の上に乗せて写真を撮るのが流行していたというもの。

 国家を横断するブームだったため、探してみるとこポーズの写真はたくさん見つかるとか。

 なぜこのようなポーズで写真を撮るのが流行したのか不思議だが、情報提供をしてくれる人も現れた。

 当時の写真館では大勢の人が見ている前で撮影していたため、同性の友人との仲の良さをアピールしようと、このような密接なポーズの写真が多く撮られていたそうだ。

 今だとそういう場面では恥ずかしくてよそよそしい写真になってしまいそうなものだが、今と昔の考え方の違いに驚きだ。

コメント

小橋はこ@🏘️家にいる 🖐️手を洗う 😷 マスク会食 @hako584 2013年9月14日
「韓国では友達なら男性同士で手をつないで歩くのも普通」「政治家ですらやってる」っていうのを聞いて珍しく韓国うらやましいと思ったの思いだす
0
巳堂鷺之丞 @saginojoh 2013年9月14日
結構な時間拘束されるイメージなんだけれど、ずっとこのポーズというのは体力要りそうだなぁ…
0
はぴたん@ストレス過多 @hapitan01 2013年9月14日
これ、今で言うマカンコウサッポウとかと同じノリなんだと思うー。
0
torako hino @tonaoba 2013年9月17日
はははははははは~^^;
0
ひふみ @h1fumi_f 2013年9月17日
これぜったいはいってるよね
0
みふゆ @Saarbrucken1910 2013年9月18日
昔は「せっかく写るんだからなにかしよう」という人が多かったみたいだしね。WW2の時点でもそんなノリだし。
0
イプス @ips_sov 2014年12月8日
真顔のは普通にゲイだと思うんだけど。 人類発祥時から同性愛はあるんだから。
0
endersgame @endersgame3 2014年12月10日
この頃は一定時間動いてはいけないので真顔になるのはごく普通のこと。
0