4

https://togetter.com/li/554471

 夏休みもそろそろ終わり。来週から2学期がはじまる学校も多いはずだ。

 そして、それまでになんとかして宿題を片付けようと、四苦八苦している人もまた多いことだろう。

 あの国民的アニメ『ちびまる子ちゃん』の8月25日放送回でも、宿題となった読書感想文に頭を抱えるまる子の様子が描かれていた。

 いつもながら、感想文がなかなか終わらないまる子。

 しぶしぶ図書館へ行くのだが…“感想文を書きやすそうな本”を求めるあまりに発せられた言葉に、一部視聴者たちが反応してしまった。

 そう、まる子が「薄い本」を探していたのだ。

 もちろん、“ページ数が少なくてすぐに読み終わる感想文用の本”という、純粋な意味での薄い本のはずなのだが、Twitterユーザーの中には別の意味に捉える人も多かったよう。

 そんな自分の思考回路を猛省(?)するツイートまで見られた。

 国民的アニメに漂いかけた腐の香り。この先はどんな展開が待っているのか、期待してしまいそうだ。

コメント

sakanaya@こんぺん @sakanaya701 2013年8月29日
むしろ、薄い本って言葉に反応してる人が腐女子or腐男子なんじゃねーの?
杉山 兆 @Kiz_Sugiyama 2013年8月29日
薄い本がお望み? ならば、カフカ「変身」(角川文庫)がまずおすすめ。
可愛 ゆ~の(3連単マルチP) @kawaiyuno 2013年8月31日
それは、誠×涼ですねわかります← #imas